パートナーに対して。
友人に対して。
子供に対して。

読み聞かせられる。

大切な人に向けて心をこめて好きを伝える気持ちで文章を書いてください。
必要な人だから、大事なんですよね。

ラブレターを書いたことがある方もない方も。
単なる言葉遊びのテクニックではありません。

ラブレターをテクニックで書いた。

どう思います?

本心が知りたいよ!ってなりますよね。

こういう言葉を使えば相手が振り向いてくれるだろう。
こういう言葉を使えば相手は自分を好きになってくれるだろう。

いっぱいいっぱい考えて、緊張でどきどきして、
気に入ってもらえるかな?もらえないかな?もしかしたら、嫌われるかもしれない。

でも、勇気を出して、好きを伝えよう!

そういう気持ちに価値がある。
でなければ、愛がない。

テクニックだけでラブレターを書くのであれば、詐欺です。

本当に、好きだったら、
自分自身に対する恥ずかしい!という気持ちや、
みんなに馬鹿にされる!という気持ち。そういう自分本位の気持ちに打ち勝って、
自分のためであることを通りすぎて、相手のために気持ちをぶつける。

自分のためでもあり、相手のためでもある。
あなた自身を成長させるため、読者を成長させるため。
勇気を出して、なぜ好きなのか!なぜ愛そうとしているのか、を伝えてください。

下手な文章でもいいです。全力が大事です。

相手がどういう気持で、どういう風にとらえるのか。
頭の中で相当イメージするはずです。
大人になってしまっては、忘れてしまう感覚。

当たって砕けろ!ではないですが、そういう気持ち。

頭でっかちに、こうすれば落とせる。ではなく、わくわくする。

失敗しても誇れる。成功したら、有頂天!そういうアドベンチャーな感覚。

思い出してみてください。

過去にありませんでしたか?

メールでもいいです。
手紙でもいいです。
好きと伝える告白でもいいです。

想像してください。
あなたの思いを伝えたい人は誰ですか?

その人を好きになった理由は、その人の中にあなたの一部が隠れているからではないですか?
もちろん、理由なんてない!ただ好き!という純粋な気持ち、とても大切です。
一緒にいたい!雰囲気が素敵!良いところを思えば思うほど、どんどん気になってしょうがなくなる。

少し冷静になって、良いところはどこだろう?ってもう少し深く考えてみる。
こういうところをほめてあげたら、喜んでもらえるんじゃないかな?
自分の好きという気持ちを少しでも強く伝えたい。どうしよう。

「私は、あなたのこういう部分が大好きです!」
そうはっきりと言える部分、大切な人の中にありませんか?見つけてみてください。

慣れてくると、通りすがりの人、すれ違った人の中にも、好きになれる部分を見つけられるようになります。

それを、読者にきちんと伝える。
恥ずかしくてあたり前。好き人を誇りに思う。あなたの愛を伝えてください。
あなたが好きだ!と思う部分がある人に、気持ちが伝われば、あなたに人が集まります。

まとめ:
– どきどきして、伝えようとする気持ちに価値がある
– 下手でも良い。全力が大事。
– 好きな人の良いところを認めてあげたいという気持ちを全面に押し出す。
– あなたが好きな部分をきちんと伝える。