会社のウェブサイトは全ページが検索エンジンに登録されていますか?また、それは効果的な形でコードが開発され、最適な状態で検索エンジンに登録されていますか?
SEOでは最近二つの言葉が騒がれています、それは、SEO auditとSEO Testingです。この2つは何が違うのでしょうか?

一度検索エンジンから削除されたページは、再度登録されるには時間がかかります。それは誤った形で登録された状態も同じことが言えます。潜在顧客にきちんとした形でご自身の製品やサービスを伝え、知ってもらうには検索されることが不可欠になっています。

SEO AuditとSEO Testingの違いとは?

Sometimes non-experts get confused about the difference between an SEO audit and SEO testing. The SEO audit is an analysis of the current state of the website manually or using a special tool. This procedure helps to discover whether the pages are indexed, whether meta tags are written for them, whether the images are optimized, etc. In other words, such research helps to identify content gaps or deficiencies in the information architecture.

抄訳

専門家ではない人が、SEO監査とSEOテストの違いについて混乱してしまうことがあります。SEO監査とは、手動または特別なツールを使用して、ウェブサイトの現状を分析することです。ページがインデックスされているか、メタタグが書かれているか、画像が最適化されているか、などを発見するための手順です。言い換えれば、コンテンツのギャップや情報アーキテクチャの欠陥を特定するための調査です。

見解

建築物として比較すると、まず新しい建物を建てた時や、部屋を追加した時に、その構造が正しく建てられているか?を検査することと似ています。SEO Auditとは、検索エンジン登録に関する最初の検査と言えるでしょう。構造上の問題が発見された場合は、この段階で直しておかないと、ページが検索されない状態が続き、検索エンジンからは不適合なページとして認識されかねません。

SEO testing involves tracking the results after changes to assess their impact or effectiveness. A well-tuned QA (Quality Assurance) process for SEO includes:

  • Benchmark testing, where two versions of the source code are compared (intermediate and production);
  • Testing elements important for SEO (for example, metadata);
  • Automation (using tools that collect all changes between preparation and production);
  • Monitoring changes when the application is in production;
  • An archive of web pages, which contains a history of changes and source code you can return to in the case of a traffic drop.

抄訳

SEOテストでは、変更後の結果を追跡し、その影響や効果を評価します。SEOのQA(品質保証)プロセスには、以下のようなものがあります。

  • ベンチマークテスト(中間版と本番版の2つのバージョンのソースコードを比較する)。
  • メタデータなど、SEOに重要な要素のテスト。
  • 自動化(準備段階と本番段階でのすべての変更を収集するツールの使用)。
  • アプリケーションが本番環境にあるときの変更点の監視。
  • ウェブページのアーカイブ。トラフィックが減少した場合に戻ることができる変更履歴とソースコードが含まれています。

見解

SEO Testingでは、そのページの全体における影響や効果を検証するとあります。ページの更新履歴がわかるCMSなどの導入が不可欠です。トラフィックが減少した時に即座に対処できるよう更新履歴をチェックし、トラフィックが減少した時期と照らし合わせて検証できるようにする必要があります。

どのくらいの頻度でSEOテストはすべきか?

SEO testing is worth doing as your website is updated. As QA practitioners note, identifying SEO bugs is quite difficult – they may not affect the overall functionality of the website. It takes time for the search engines to re-index the website after bugs are found and fixed. If an error is not instantly eliminated, the website will no longer be included in the first search results.

抄訳

SEOテストは、ウェブサイトが更新されるたびに行う価値があります。QA担当者が指摘するように、SEOのバグを特定することは非常に難しく、ウェブサイトの全体的な機能に影響しない場合もあります。バグが発見されて修正された後、検索エンジンがウェブサイトを再評価するには時間がかかります。エラーが即座に解消されなければ、そのウェブサイトは最初の検索結果に含まれなくなります。

見解

SEO Auditで検索エンジンに登録されていることを確認した後に、日々サイトを更新や既存ページの更新を行なっていく。そうしているうちにトラフィックが減少してくるページがある。一度バグやエラーを検索エンジンが認識すると再評価に時間がかかってしまいます。できるだけ早く解消することで、傷が深くならずにする場合がありそうです。

引用元:https://www.sitepronews.com/2021/06/02/how-can-seo-testing-increase-traffic-and-profits/

まとめ

まずは、SEO Auditの手法として、検索エンジンに登録されていることをGoogle Siteconsoleなどで確認することが大切です。きちんとしたメタデータであるのか?H1タグは有効に設置されているのか?など基本的なページの構成をチェックし、登録することです。

その次に行うのがSEO Testingと呼ばれるもので、ページが更新された後にある一定の期間を持って、その更新がどのような効果や減少を引き起こしているのか?を調査するものです。過去のソースコードと現在のコードを比較し、何が変更になったのか?それが良い効果なのか、ランキングを下げる結果につながっているのか?を検証しましょう。

一つ一つのページを目で見て確認するのは不可能です。きちんとSEOのサービスを比較した上で、SEO Testingを行う必要があるようです。