YouTubeで動画をアップロードされている方は、アクセス解析をもしかしたら毎日見られているかもしれません。この度YouTubeのアクセス解析が仕様を変更したようなので、そのレポートです。収益が下がった原因は?メンバーシップ登録が多かった動画は?などがよりわかりやすく変更になりました。

The updates include:

  • More data about channel memberships
  • More data on mobile (which was previously exclusive to desktop)
  • Clearer information about video performance
  • Insight into revenue changes
  • Engagement metrics for YouTube posts

アップデート内容は以下の通りです。

  • チャネル・メンバーシップに関するより多くのデータ
  • モバイルに関するより多くのデータ(以前はデスクトップに限定されていた)
  • ビデオのパフォーマンスに関するより明確な情報
  • 収益の変化についての洞察
  • YouTube の投稿に対するエンゲージメント メトリクス

Youtubeは5つの更新を主にしたようです。どの動画がどの程度のアクセスを稼ぎ、どのようなパフォーマンスをあげているのか?をより詳細に知ることができるようになったようです。

チャネル・メンバーシップに関するより多くのデータ

An update membership metrics in YouTube Analytics gives creators the data they’ve been asking for, which is how memberships evolve over time.

Membership metrics will now report on which videos helped a channel gain (or lose) more members than usual.

In addition, the enhanced membership data will indicate whether it helps to remind users to become paying members.

YouTubeアナリティクスのメンバーシップメトリクスの更新により、クリエイターが求めていたデータが提供されました:メンバーシップが時間の経過とともにどのように変化するかについてです。

メンバーシップメトリクスでは、チャンネルが通常よりも多くのメンバーを獲得(または喪失)するのにどの動画が役立ったかが報告されるようになりました。

さらに、強化されたメンバーシップデータでは、ユーザーに有料会員になるように促すのに役立ったかどうかが示されます。

どの動画が有料のメンバーシップ登録するのに役立ったかがわかるようになったようです。これにより、どのような動画を継続的に出していけば、登録者が増えるかがわかるようになりますね。
AudienceページにMembersタブが追加されたようで、詳細を閲覧できます。総メンバー数、アクティブメンバー数、獲得メンバー数、喪失メンバー数、キャンセルメンバー数の日々の変化を追跡できるようになりました。

モバイルに関するより多くのデータ(以前はデスクトップに限定されていた)

Those are ‘other channels your audience watches’ and ‘other videos your audience watches’ cards. This data is now available in YouTube Analytics on mobile.

These two cards have been added to the bottom of the Audience tab in the YouTube Studio mobile app.

それらは「あなたの視聴者が視聴する他のチャンネル」と「あなたの視聴者が視聴する他のビデオ」のカードです。このデータは、モバイルのYouTubeアナリティクスでも利用できるようになりました。

この2つのカードは、YouTube Studioモバイルアプリの「オーディエンス」タブの下部に追加されています。

ビデオの視聴者が他にどのような興味をもっているのか?を自分の携帯のアプリで知ることができるようです。PCでは閲覧できていたようですが、この度スマホをつかっても確認できるようになったようです。

ビデオのパフォーマンスに関するより明確な情報

An update to the video overview page in YouTube Analytics on desktop provides a clearer, more visible explanation of video performance.

デスクトップ版YouTube Analyticsの動画概要ページの更新により、動画のパフォーマンスをより明確に、より見やすく説明しています。

デスクトップ版のYouTube Analyticsのページが更新により、わかりやすくなったと報じられています。

収益の変化についての洞察

If revenue goes up or down due to a channel’s audience shifting to a higher or lower CPM country, YouTube will now call that out.

If a channel’s revenue goes down because more of its audience is coming from a lower CPM country, at least the creator knows they’re not necessarily producing worse content.

チャンネルの視聴者がCPMの高い国や低い国に移動したことで収益が上がったり下がったりした場合、YouTubeはそれを指摘します。

視聴者の多くがCPMの低い国から来ているためにチャンネルの収益が下がったとしても、少なくともクリエイターは、必ずしも悪いコンテンツを作っているわけではないことを知ることができます。

視聴者の属性や国によって、収益が上下します。それを詳細に伝えるようにしてくれることは良いですね。

YouTube の投稿に対するエンゲージメント メトリクス

Now a card on the channel’s engagement tab shows votes and likes on the creator’s top posts over the last 28 days. This card can be filtered by post type.

A deep dive report shows daily post metrics including impressions, likes, like rate, votes, and vote rate.

チャンネルのエンゲージメントタブのカードに、過去28日間のクリエイターのトップ投稿に対する投票と「いいね!」が表示されるようになりました。このカードは、投稿タイプ別にフィルタリングすることができます。

インプレッション数、「いいね!」数、「いいね!」率、投票数、投票率など、日々の投稿のメトリクスを表示するディープダイブレポートが追加されました。

一番人気のあるコンテンツは何か?をすぐにチェックできる機能がより使いやすくなったようです。動画制作をする時にどういう動画を作るのが良いのか?を日々肌感覚で知ることができるようになりそうです。

出典元:https://www.searchenginejournal.com/youtube-analytics-gets-5-updates/409443/?utm_source=sej-feed

まとめ

動画コンテンツは今現在なくてはならない情報の一つです。YouTubeでのアクセス数の解析は必須項目といって良いでしょう。その機能に新しいコンテンツを増やしたり、GUIを改良することでより使いやすくなることは、動画クリエーターによってすごくありがたいことですね。

YouTuberという職業が多くの子供の夢になっている今、動画のアクセスを分析することも仕事の一つになるかもしれません。