タグ: SEO

検索エンジン対策での商品ページの追加方法。オンラインショップでサイズや色が異なる商品を別ページにするべきか?

BaseやStoresjpなどの台頭により多くの人がオンラインショップを開設し出していると思います。ページが多い方が検索エンジンにインデックスされるページも多くなり集客に有利だと思いがちです。実際はどうなのでしょうか?Googleは中身がうすいコンテンツを嫌い、そのようなページは検索インデックスから除外する傾向にあります。

スマホサイトが検索エンジンに出ない。検索エンジン最適化の重大なミスのチェックリスト

運営サイトをスマホで確認できていますか?スマホで閲覧した場合のあなたのサイトに問題があれば、スマホからのアクセスを失い、BtoCのサービスを展開しているとより大きなダメージにつながります。

このページでは、重大なミスを放っておかないように、そしてしっかりと検索エンジンにインデックスされ、サイトが検索されるように、ご自身でチェックできるリストをまとめました。

SEO auditとSEO testingの違いとは?SEOの効果測定。知っといて損はないSEO関連の言葉。

会社のウェブサイトは全ページが検索エンジンに登録されていますか?また、それは効果的な形でコードが開発され、最適な状態で検索エンジンに登録されていますか?
SEOでは最近二つの言葉が騒がれています、それは、SEO auditとSEO Testingです。この2つは何が違うのでしょうか?

2017年2月の段階の端末別検索エンジンの世界シェア。パソコン、スマホ、ゲーム機。

こうなってくるともはや検索エンジンの対策において、Googleを主眼に置いた方がよいことは明らかですね。

  • カテゴリ

  • 当サイトについて

    Think Globally, Act Locally.
    事業主の方へ、業務効率をあげる情報を公開しています。

    インターネットの最新情報は英語である事がほとんどです。より最新の情報を取り入れ、ご自身の事業にお役立ていただければと思っています。

    当サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

  • サイト運営者


    著者:Oji
    企業サイトの構築や集客、オンラインコミュニティの構築に強みを持っています。英語で取得される海外からの最新のオンライン集客情報を配信しています。一方で、企業内の情報の最適化を行い、情報を整理し最大限活用するためのヒントも配信しています。
    詳細はこちら

  • 最近の投稿

  • スポンサー