カテゴリー: 検索エンジン最適化Page 1 of 2

安定したメディアを作る。最新の構築技術。

検索エンジン対策での商品ページの追加方法。オンラインショップでサイズや色が異なる商品を別ページにするべきか?

BaseやStoresjpなどの台頭により多くの人がオンラインショップを開設し出していると思います。ページが多い方が検索エンジンにインデックスされるページも多くなり集客に有利だと思いがちです。実際はどうなのでしょうか?Googleは中身がうすいコンテンツを嫌い、そのようなページは検索インデックスから除外する傾向にあります。

HTMLコーディングと誤字脱字や文法のチェックのどちらに力をいれるべき?Google検索エンジンのランキングにどのくらい影響があるのか?

Googleの検索エンジンは100%の正確性が必要なのでしょうか?あるとしても、どの部分でしょうか?デザイン性?コードの正確性?文章の内容?GoogleのJohn Mueller氏がコメントしているので、分析してみます。

小規模事業者のためのGoogle Analyticsの最適元の設定。アクセスを解析する

Google Analyticsはご存知の通り、googleが提供するウェブ解析サービスです。googleアカウントを持っている人であれば、どなたでも無料で使うことができるものです。小規模事業者が抑えるべき最低限の設定を解説しているページがあったので、学習したいと思います。

Googleにインデックスされるページ数に上限はあるのか?インデックスされるページを増やす方法は?

検索エンジンに登録されるページを増やしたい。Googleに登録されるページの上限はあるの?インデックスされるページを増やすには?ダイナミックページをスタティックサイトに見せかける必要性はまだある?そんな疑問の答えがありました。

Page(固定ページ)とPost(投稿)でGoogleのページランクに違いはあるのか?実は内部リンクと外部リンクの影響大。

ブログやサイトを運営していると、このコンテンツは投稿(Post)に入れるべきか、それとも固定ページ(Page)に入れるべきか迷うことがあります。検索エンジンにインデックスされ、高いランクをつけられた方がアクセスの流入は増えるはず。

スマホサイトが検索エンジンに出ない。検索エンジン最適化の重大なミスのチェックリスト

運営サイトをスマホで確認できていますか?スマホで閲覧した場合のあなたのサイトに問題があれば、スマホからのアクセスを失い、BtoCのサービスを展開しているとより大きなダメージにつながります。

このページでは、重大なミスを放っておかないように、そしてしっかりと検索エンジンにインデックスされ、サイトが検索されるように、ご自身でチェックできるリストをまとめました。

著者がGoogleの検索エンジンのランキングに影響。今後重要になるのは透明性のレベルを判断するコンテンツをGoogleに提供すること。

Googleが検索エンジンのランキングに影響を与える要因として、今後は透明性のレベルをを検討していくとしています。
今までは、文字数や画像の最適化、タイトルなどにこだわる、サイト全体の被リンクなどをある程度行えば、検索エンジンからの流入が見込まれていましたが、これに加え、透明性が必要になります。

ウェブスパムへの対策2016年。Googleは何をしてきたのか?のまとめ

ウェブスパムは、ウェブサイトのプラグインや貼り付けた広告から、乗っ取りが起り、知らないうちに閲覧者に感染なんてことも考えられます。
Googleの対応の内容をまとめさせていただきました。参考にしていただければと思います。

着用姿を提案するGoogle Imageの新機能が追加。

ECサイトの売り上げをアップしたい。顧客にライフスタイルを提案したい。Google Imageが新しい機能として、特定の商品を検索すると、それに伴った着用画像が表示される機能を追加したようです。

2017年2月の段階の端末別検索エンジンの世界シェア。パソコン、スマホ、ゲーム機。

こうなってくるともはや検索エンジンの対策において、Googleを主眼に置いた方がよいことは明らかですね。

ページスピードの重要性。2秒以内に表示されないと27%の成約率損失の可能性。

ショップ運営者としては、日々の成約率向上は大きな課題です。PPC広告を発行したり、キーワードマーケティングに力を入れたり、あるいはバナー広告を出稿してアクセスアップを行っているかもしれません。

Googleにインデックスされていないページがある時の対処方法。GoogleにURLを送信したい。

漏れが出る場合は、GoogleのこちらのURLを使って、サイトのアドレスを投稿し、インデックスを促すことができます。

2017年ローカル検索のランキング決定要因。店のアクセスを増やしたい。近くにいる顧客へ知らせたい。

位置情報に基づいた店舗検索のランキング要因について、海外のサイトがまとめているのでレポートしたいと思います。

商品を検索エンジンでヒットされやすくしたい。GoogleがSimilar items(類似アイテム)の機能を追加

商品を検索されやすくしたい!
同じような商品を欲しがっている人から検索されたい!販売個数を増やしたい!そんな方へ。

Googleのビジネス情報の信頼性向上。Google Mapのビジネス情報が最適化。

2015年以降、Googleはどんどん進化し、嘘の情報を排除し、真の情報だけを掲載できるようになっていきます。

[Xserver]圧縮を有効/ブラウザのキャッシュを活用。PageSpeed Insightの対処方法。ページスピードを高速化。

サイトの表示スピードをアップさせたい。検索エンジンに登録されるページを増やしたい。PageSpeed Insightで警告が表示された。このページでは、Xserverの設定を使い、ページの表示速度を速め、Googleにより多くページが認識され、閲覧者にストレス無く届けるアドバイスを掲載します。

USのYahooカテゴリが完全閉鎖。Yahooカテゴリのリンク購入の効果はなくなることに。

USのYahooカテゴリのサイトが閉鎖され、他のサイトへリダイレクトされる事態となっています。リンクを購入して、検索エンジン上位を狙うという解決方法は、既に無効となっています。

Googleが公式にSEOのガイドラインを公開。日本語版サイトへのGoogleのアップデートに備えよう。ガイドラインの日本語訳を待つ。

Googleの仕様ってもっと明確に!
これまで多くのサイト制作者、サイト運営者が望んできたことだと思います。誰も見ないサイト、見つけられないサイトは、存在していないも同じ。
だからこそ、検索エンジン最適化(SEO)の技術が進化し、Googleとの技術の共存を行ってきました。

少ない記事はスパム扱い?!現在GoogleがブラックハットSEOとして認識する検索エンジンスパム行為はこれ。

もしかして、内容が薄くて、少ない記事で、サービス概要にリンクするだけの記事を大量生産していませんか?数年前までリンクを買うだけで、検索上位に入ることができた時代もありました。しかしながら、今はもっと厳しく、妥当性を求めるようになってきています。

GoogleのLive Blogのコードサンプル。リアルタイムの情報を検索エンジンで表示させたい。Live Blogの仕様を発表。

イベントの最新状況をリアルタイムで検索エンジンに表示させたい。
一つのニュースの進捗を検索エンジンに表示させたい。

Googleは、より多くのリアルタイムの情報を取り入れ、タイムリーな情報を検索できるように仕様を改善していっています。
開催するイベント中の企画を時系列でGoogleに知らせることで、もしかしたら、今後より多くの集客が見込めるようになるかもしれません。

JavaScriptで隠されたテキストや画像は、Googleにインデックスされない。

メニューやコンテンツが開くと出てくるページを作りたい
隠されたコンテンツをうまく使って、演出したい。「かっこいい効果?」が検索エンジンに登録されることを阻害する恐れがあるようなので要注意です。

競合サイトのMicrodata形式のサイト構造を確認したい。ChromeのMirodataの検証プラグイン

ホームページは、閲覧できれば良いという時代はもう終わりました。デザインとコピーライティングと検索エンジンにきちんと伝えるHTMLソースがきちんとそろって、価値のあるサイトが生まれます。
デザインだけを見ていたり、コピーライティングだけを見ているのがほとんどですが、検索されなければ、集客性は半減してしまいます。だからこそ、このようにソースがきちんと設定されているか?を随時確認していくと良いですね。

サイト滞在時間の向上。新規訪問者を次のページへ移動させる6つの直帰率を下げる方法

多くのサイトのページを閲覧してもらいたい。訪問してすぐにいなくなる直帰率を下げたい。興味がある人のサイト滞在時間を伸ばしたい方へ

運営サイトからのリンク設置の注意点。外部リンク設置で気をつけておきたい事。

サイトにたくさんのリンクを貼ってもいいのか?外部リンクをたくさん設置すると悪影響なのか?リンク集のサイトは今後どうなるのだろうか?運営サイトがある方、これからサイトを運営される方へ。
リンク集などのページを設置しようと考えている方が、いるかもしれません。

経営層もモバイルを多用-B2Bでのサイトのモバイル最適化の必要性。ネット利用率でモバイル(スマートフォン)がパソコンを超えた。

B2Bでスマートフォンサイトは必要か?レスポンシブサイトってビジネスに必要?パソコンでしかお客さんが見ないから大丈夫?うちのサイトは、取引先が会社だから、パソコンのサイトだけあれば良い。
そう思っていませんか?

なぜサイトは更新した方が良い?検索エンジンとブログの相性とブログ運営の注意点

アクセスを集めたい
人が集まるサイトを作りたい
サイトを更新した方がいいの?

サイトを更新したくない理由はありますね。
だって、めんどうですから。日々の業務に追われ、この上サイトを立ち上げて、自動的に集客できると思ったら、今度は毎日更新しろと言われても。

追加ページが検索エンジンに登録されたかどうかを調べたい。アクセスアップの方向修正。

きちんと検索エンジンに登録されているか?
追加ページがGoogleに認識されているかどうか?

アクセスアップのために、お知らせやブログ、ページ追加を日々行なっていますか?

効果的な被リンク構築のチェックリスト-やって良い事とやってはいけない事

被リンクの効果はなくなった?世間ではそのような憶測もあるようですが、被リンクの効果はなくなった訳ではありません。コンテンツマーケティングでは、サイトの内容を深くする事で、検索エンジンから受け入れられやすくする事、そして読者に有益な情報を与える事で、滞在時間を上げる事ができます。

無料登録の検索エンジンや掲示板への登録はSEOとして有効か?Yomi-searchや無料フォーラムへの登録効果

無料掲示板にサイトを登録するのは効果がある?
リンク集などにサイトを登録すると良いのか?
フォーラムなど相談されているところにサイトを登録すると良いのか?

7つの超基本。コンテンツ運営者のためのブログが検索エンジン上位表示される最低限。

ブログ運営の基本中の基本は何?
ブログを上位表示させたい
検索エンジンにインデックスさせたい

サイトやブログなど、更新性の高いメディアを運営している方、または運営しようとしている方へ。

検索エンジンに安全性はあるのか?安全性確保-悪質サイトを除外してフィッシング詐欺防止。

検索エンジンの安全性とは?
安全のインターネットを使いたい
検索エンジンにそもそも安全性などあるのか?

検索エンジンに安全性もあるか!とおしかりの言葉が飛んできそうです。
ネットの安全性と聞いて、どのような言葉が想像されるでしょうか?

検索エンジン最適化に感情は必要か?著作者の感情とSEOの関係性を考えてみる

検索エンジンと感情は関係あるの?
感情を無視して作業を行った方が良い?
事業に感情は邪魔?

サイト運営を行なう際に、ページの更新や新しいアイデアの公開を行なっていくと思います。
その中で、どうしても伴う感情の動き。

コンテンツマーケティングを今やる必要ある?驚くべき10のコンテンツマーケティングの現状

検索順位が安定しない。
コンテンツマーケティングってどうなの?
これからのSEOってどうすればいいの?

ページ追加のSEO施策についての注意点。定期的に確認しておくべきSEOのチェックリスト by Search Engine Land

ページを公開する前にチェックしたい
検索エンジンへ効果的に登録させたい
公開前にチェックするリストはないのか?

検索エンジンへの効果的な登録をすれば、よりマッチ度が高いユーザーのアクセスが見込めます。
ただページを闇雲に公開しても、効果は半減してしまいます。

サイト運営に関連する心理学。ポジティブ未来志向とネガティブ過去志向の対立

サイトを更新したいけどできない
もっとアクセスを集めたいけどできない
更新の仕方がわからない

サイトを更新しようと思って、色々考えて結局何も掲載していないという事はありませんか?
更新しようと思っていた。。。そのような場合、企業でも個人サイトでも、2つの志向の対立が見られます。

記事がきちんと検索されない?Microdata設定をして検索エンジンからのアクセスアップ

検索結果に意図した内容が反映されない。
検索してみたら、きちんとインデックスされていないみたいだ
Microdataってなんだろう?

Googleのペナルティを回避し登録ページを増やす-内容の薄いページを最適化する方法

内容の薄いコンテンツを改善したい
検索エンジンにできるだけ登録したい
検索エンジンからの集客を増やしたい

Googleの仕様の改善により、内容の薄いページは、削除されたり、ランク外になったりするようになりました。

検索エンジンに出てこない?発行者/著作者情報がGoogleに正しく抽出されているか調べる

きちんとしたフォーマットになっているか?
検索エンジンに登録できる状態になっているか?
サイトに見えないバグはないか?

Google/Ask.com/Bing/Yahoo/AOL-大手5社の検索エンジンの検索数の比較(Shareaholicのレポート)

Googleだけの対策でいいのかわからない
大手検索エンジンの比較が知りたい
Google/Ask.com/Bing/Yahoo/AOLの動向は?

個人事業主/中小企業の検索エンジンに強くなるサイト更新のヒント

小さな規模のビジネスでウェブを活用したい
サイトが作りっぱなしで更新していない
サイト更新のネタがなくて、更新できない

Webを活用して集客したいと考えているけれど、なかなかうまくいかない。
そう思っている事業者の方は多いと思います。

Google検索に悪質なサイトが表示されている。検索スパム報告をして削除してほしい。

検索結果にコピーサイトが出現した
検索結果に中身がないスパムサイトが乱立した
スパムサイトに自分のサイトへのリンクが貼られている

Googleが著作者の画像とサークルの+カウント数を検索結果で非表示に変更予定

Googleの仕様変更により、顔写真とフォロワー数が検索結果に表示されなくなる予定だそうです。

サイトが重くてアクセス数が下がる?JavaScriptの使用と検索エンジンとの関係で注意すべき点

機能が多すぎてサイトが重い
複雑な機能があるサイトは便利だけど、検索エンジンにとっては?
JavaScriptの多用はアクセス数が下がる?

Google Adwordsはオーガニック検索に影響する?ゲストブログやリンクホイールのSEO効果は?

Adwordsの購入は通常検索に影響する?
誰かに推薦記事を書いてもらうのは良い事?
サテライトサイトを作って、一つにリンクを貼るのは効果的?

サイトを英語化する時に注意する点。英語/日本語/フランス語/中国語/韓国語など多言語サイトを検索エンジンに登録。

英語と日本語でサイトを作りたい
他言語でサイトを運営したい
これからは英語サイトに注力していく必要があると思う

今後の検索エンジンの変化と今後のSEOの行く末は?Warren Lee氏へのインタビュー

Googleの検索エンジンはどのような方向に向かっているのか?
検索エンジンの進化が早すぎてついていけない。
お客様の需要はどのようにとらえられていくのか?

近くのお客様へ自分の会社や店を検索エンジンで宣伝したい。Google My Businessが日本に登場

自分の店の近くのお客様にアプローチしたい
地図情報と一緒に店舗情報を掲載したい
お店をGoogleに検索されやすくしたい

多くの資金を投じて、お店を開いたり、会社を起こしたりします。
その際に、ホームページやチラシを作り、宣伝すると思います。ホームページやブログを立ち上げて毎日更新。

立ち上げたばかりの新規サイトを検索エンジンにできるだけ早く登録したい。Googleのアルゴリズム分析

立ち上げたばかりのサイトを検索エンジンにインデックスさせるには?
検索エンジンはどうやって新しいページを登録している?
スパムサイトと認識されないようにしたい

ユーザーの状況に合わせて検索結果を最適化する?より進化するGoogleの検索アルゴリズム。

検索エンジンのシステムが変更したけど、どうすればいいの?
うちのホームページは検索エンジンから削除されませんか?
今後サイトの価値を上げるにはどのような方法がいいの?

検索エンジンGoogleパンダアップデートの変更点の例 – 改善された権威性の価値の向上

サイトの信頼性を高めるには?
パンダアップデート以降、アクセスが上がってきた!
最近よく検索されるようになった!

  • カテゴリ

  • 当サイトについて

    Think Globally, Act Locally.
    事業主の方へ、業務効率をあげる情報を公開しています。

    インターネットの最新情報は英語である事がほとんどです。より最新の情報を取り入れ、ご自身の事業にお役立ていただければと思っています。

    当サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

  • サイト運営者


    著者:Oji
    企業サイトの構築や集客、オンラインコミュニティの構築に強みを持っています。英語で取得される海外からの最新のオンライン集客情報を配信しています。一方で、企業内の情報の最適化を行い、情報を整理し最大限活用するためのヒントも配信しています。
    詳細はこちら

  • 最近の投稿

  • スポンサー